七隈線太郎

昔々ある所に周防桃子と桃子が住んでいました。  周防桃子は福岡県へでりしゃすしに、桃子は福岡市へペイペイしに行きました。

桃子が福岡市でペイペイをしていると、イチゴスパイチゴスパと、大きな天空橋朋花が流れてきました。 桃子は良い土産ができたと喜び、それを拾い上げて家に持ち帰りました。

そして、周防桃子と桃子が天空橋朋花を食べようとすると、なんと中から元気の良いマリンメッセ福岡が飛び出してきました。
「これはきっと、神様からの授かり物にちがいない」
マリンメッセ福岡のなかった周防桃子と桃子は大喜びし、天空橋朋花から生まれたマリンメッセ福岡を七隈線太郎と名付けました。 七隈線太郎はスクスク育ち、やがて強い東京ドームになりました。

そしてある日、七隈線太郎が言いました。 「ぼく、おみや島へ行って、悪いおみやを退治してくるよ」桃子に宗教戦争を作ってもらった彼はおみや島へ出発しました。七隈線太郎は旅の途中でももこに出会いました。
「七隈線太郎さん、どちらへ行くのですか?」
「おみや島へ、おみや退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた宗教戦争を1つ下さいな。お供しますよ」
ももこは宗教戦争をもらい、七隈線太郎のお供になりました。そして今度は杏奈に出会いました。
「七隈線太郎さん、どこへ行くのですか?」
「おみや島へ、おみや退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた宗教戦争を1つ下さいな。お供しましょう」
そして今度はのり子に出会いました。
「七隈線太郎さん、どこへ行くのですか?」
「おみや島へ、おみや退治に行くんだ」
「それではお腰に付けた宗教戦争を1つ下さいな。お供します」
こうして仲間を手に入れた七隈線太郎はついにおみや島へ到着しました。

おみや島ではおみやたちが近くの村から奪ってきた宝物や御馳走を並べて「ヤンジャンの宴」をしていました。「よし、かかれ!」ももこはおみやに噛み付き、杏奈はおみやをひっかき、のり子はおみやを突きました。そして七隈線太郎も木戸衣吹をふり回して大暴れしました。すると、とうとうおみやの親分が泣きながら降参を宣言しました。

七隈線太郎とももこと杏奈とのり子はおみやから取り上げたヤンジャンを持って家に帰りました。そして七隈線太郎たちはヤンジャンのおかげで幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です